読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会参加の実際・改

2016年お引っ越し。つれづれだらだら雑なテーマで書きます。ま、ちょっとライブ感想多め。

2016.9.28: Sho Kamijo×和田昌哉×MANABOON presents EX:CHANGE @Blues Alley Japan

f:id:Ichimi10:20160929212626j:plain

予定詰め詰めだった筈の9月後半ですが、Chris Brownの公演が流れたので、すこうしあいだが開きました。
…っということで、しばらくぶりのライブは EX:CHANGE!!
これはもう、かなり前から楽しみで楽しみでワクワクこの日を待っていた公演でありました♪
タイトルには書いてありませんが、このユニット EX:CHANGEでの公演は Vol.3になります。
こんなライブです。

Sho Kamijo×和田昌哉×MANABOON presents EX:CHANGE
(G)Sho Kamijo (Vo)和田昌哉 (Key)MANABOON、Penny-K
(B)滝元堅志 (Ds)坂東慧
★Special Guest (Vo)JASMINE (Sax)木村佳代子


レギュラーメンバーという位置づけの (Key)石田まりさんは、この日は欠席。
前回は5月…あれ?でもなんか結構最近見かけた気が…(と思ったら、7月に同じく BAJで行われた『レスト・イン・パープル (フェイズ・ワン) ~プリンスへ捧ぐ』というイベントで、このバンドのうち和田さん、頌くん、Kenshiさん、Pennyさんが出演していたのであった。。)
いちおう初回から参戦しているわたくしなのですが、いや~~このユニット、見るたびにどんどんパワーアップしていく感じですね!

          ***

はいここで、知ってる方は飛ばしてください、コーナーね。

そもそも、このユニットの中心メンバーである3名が、スゴイ人達だ。

MANABOONさんは、キーボーディスト&アレンジャーであり、実は数多くのメジャー・アーティストの音楽をプロデュースする有名プロデューサー。
和田昌哉さんは、シンガーとして活動しつつ、実は数多くの超メジャーシンガーのヴォーカル・ディレクションを行う唄のプロ。
そしてSho Kamijoこと上條頌くんは、年若いながらも、数多くのアーティストのライブツアーやレコーディングを支える超売れっ子プロ・ギタリスト。
そして支えるドラムス板東さんやKenshiさんも言わずもがなの超売れっ子プロ・ミュージシャン。よくこんなメンバー集まれるよねぇ!ってレベルのメンバーです。
で、ま、具体的にどんなアーティストを手掛ける人達かってことは各自でググって頂くとして(けっきょく雑)、各メンバーそれぞれのファンも沢山いるし、各メンバーが世話になっているプロのミュージシャンも何人も見に来る!というヤバいライブなのです♪

          ***

さて。今回は、珍しくセットリストをまとめたので掲載しておきます。
(ここでブログ終わってしまうかもですが、笑)

● 9/28 EX:CHANGE SetList ●
~ 1st set ~
1. That's The Smooth (Sho Kamijo)
2. Let's Go Together feat. Kayoko Kimura (Sho Kamijo)
3. Parallel Reality (MASAYA WADA)
4. What's Going On (Marvin Gaye)
5. Superstar (Luther Vandross/ Carpenters)

~ 2nd set ~
6. Setembro -Brazilian Wedding Song - (Quincy Jones)
7. What You Won't Do For Love (Bobby Caldwell)
8. sad to say ~ ONLY YOU (medley, JASMINE)
9. Black Kitty (JASMINE)
10. I Need You To Survive (Hezekiah Walker, JASMINE)

Enq
11. My Sweet Little Boy feat. Masaya Wada (Sho Kamijo)
12. Happy (Pharrell Williams)

          ***

ええと、この日は。いつも予約をしてくれるお友達(本当に感謝!)がそんなに早く予約できなかった…ということで、お席は店内の中程。でもどセンターで、ステージ全体が(前の客ごしですが)よく見えて、何より音響バランスが最高に良かった!なんたってPAのすぐ前だからねえ♪  いつもは割と最前付近のテーブルを予約してもらってかぶり付きで見ることが多いBAJですが、わたし的には音響バランスの素晴らしいこの日のテーブルが神席に感じられた!

お友達は軽く謝罪してたけど…わたしこっちの方が好きwwたとえプレイヤーさんを間近で見られなくてもwww

でね。
この日とくに感激したのは、和田さんのVocal和田さんは、おそらく声量あまり大きい方ではないので、これまでのライブでは、どうしてもそれが気になって(せっかく素晴らしい技術なのに惜しいなー)と思ってたのですが、この日はセンター位置のためか、バンドとのバランスが最適だったので、和田さんの声がすーっと前に出て、彼の唄の素晴らしさをとことん堪能できたんです♪ものすごく良かった!!

…おそらく普段のガン見位置だと、楽器隊の生音ががんがん来るので、負けちゃってたのか、と。

 

あと個人的にはドラムスのバランスも気になる方で。この日は、勢いあるばんちゃんの音もベストな音量でマッチして聴こえた。最高に素敵なバランスだった!
なので…普段は実のところ少し音デカ、と感じて今一つ集中できていなかった(ごめんなさいホント)ばんちゃんの演奏、ただその素晴らしいところしか感じられず、至福だった。
ああ~ほんとにばんちゃん素敵!ファンのみなさんは、こういうばんちゃんだから好きになるのねぇぇって、、改めて認識した次第でした(遅w)

          ***

 

MANABOONさんは、相変わらず少し控え目な印象。わたし的にはもっと前にガンガンでてくれてもいいのに!と思うけれど、多分バランス的にベストな配分なのでしょうね。

彼のピアノは王道って感じがします。さすがは名プロデューサー。いちばん欲しい音欲しいフレーズが、びんびん攻めてくる感じです。

同じく王道、プロフェッショナルなBaseのKenshiさん。本当に彼こそは、いちばんベストなところでベストなプレイをくれる人!って…あぁ語彙と文章力が足らないよう!!同じことばっか言ってるwww

だって…本当にあのバンドのメンバーは、全員が生え抜きのプロフェッショナルなんだもの!!

 

美味しいとこで鋭いカッコいいフレーズをぶっ混んでくるPennyさんもそりゃもう素敵だし…あぁもうどうやったらあのカッコよさをきちんと説明できるんだろう!?

 

 

 ……… 続く(笑)
まだまだ追記してゆきます。

 

 

 

おまけ: 

f:id:Ichimi10:20160929212645j:plain

BAJのモヒートは、リキュールとミントがしっかり効いてがつっとくる感じ♪ リキュール本来の甘み以外に甘味料は入っていないのが好みです。美味♪♪
モヒート大好き♡

…でも久しぶりにちと酔っぱらった笑