読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会参加の実際・改

2016年お引っ越し。つれづれだらだら雑なテーマで書きます。ま、ちょっとライブ感想多め。

2016.9.21: BEN L'ONCLE SOUL & MONOPHONICS @Blue Note Tokyo

f:id:Ichimi10:20160922193545j:plain

Ben l'Oncle Soul、4年ぶりの来日公演へ。
ギリギリまで行くかどうか迷ったけど、当日朝5時に予約して行った!(ギリギリにも程があるな笑)
平日の 1st Setなので空いているとは思ったけど…まさかの当日予約で整理番号30番台。定時あがりしてから必死に向かって開場時間に滑り込んだので、端っこだけど最前列に座れました(笑)
…とはいえ、ステージ逆向きだったので姿勢がすんごく辛かったけどwww
ちなみに Blue Noteの看板って、いつも文字が明るくてポスター暗いから、綺麗の撮るの大変なの…。文字に合わせると暗くなって、ポスターに合わせると明るすぎて文字が飛ぶ。こちらのお写真はポスターに合わせて明るく飛びまくった文字を、コントラストや輝度で調整しました。どうでもいっか笑

          ***

こっからちょっと知らない方へ説明を(知ってる方は飛ばしてね)。
フランスの白人ソウル・シンガー Ben l'Oncle Soulは、2009年に1st EPをリリース。これがデビューってことになるのだろうか。1st Albumのリリースは 2010年で、日本ではまだほとんど知られてない頃にいち早く目を付けた三浦大知氏が、2010秋ワンマンツアー Gravityのダンスナンバーで彼の楽曲 ”Demain j'arrête” を採用(LIVE映像にも含まれる)。三浦さんがこの曲を最初に紹介したときは、、確かまだ 1st Albumが日本でリリースされる前だったかと(最初の紹介はラジオだったかもしれない…ちょっと忘)。
なので実際、2012年に初の来日が叶ったのは、ファンを通して彼の曲を紹介した三浦大知さんの功績かなり大きかったのでは?と考えている次第です。

          ***

さてそんな 2012年来日の公演の出来事は、、たぶん前のブログに書いてあっ…と思って探したら工事中のまま放置でしたあはははは(笑って誤魔化す)
→「Ben L'Oncle Soul @Blue Note Tokyo ♪...の思ひ出(工事中)
いやその日は、わたしが初めてプライベートの三浦大知さんを見かけた記念日でもありました。と言いたかっただけ(笑)

もとい!
その 2012年公演では、お洒落でかっこいいオリジナル・バンド(多分)を引き連れて来日してくれた Benですが、今回の来日では MONOPHONICSというバンドをフィーチャーしての公演でした。MONOPHONICSがどんなバンドかって…検索してもよく分からないんだけど(笑)
それにしても、今回のバンドもみなさん衣装がお洒落で、、わたし、皆さんの衣装ばっかり着目していた(笑笑)
ええと…今回の Benはね、てか、そもそも彼のトレードマークであった蝶ネクタイは既にしていなくて、黒いデニムに黒T、そして黒シャツを羽織るっていう…前回よりかなりカジュアルでシンプルなお衣装。ですが黒ハットには小さな羽根の形のピンと、左耳に渋いゴールドのピアス、ラピスラズリみたいに真っ青な石の入ったシンプルなネックレス。薄茶のスエード地スニーカー。
バンドの皆さんも、おおむねモノトーンに近い渋いコーディネイト。でも全員がほぼデニムなのね。
わたしのお席はちょうどステージ下手のホーン隊の真ん前だったので、ホーンのお二人の衣装はガン見。
Sax&Fluteの彼は、黒くて浅いVカットのTに薄グレーの夏物綿ジャケをはおり、パンツはちょっと起毛素材の黒デニム。靴はサイドゴアのショートブーツ。黒。
Trumpetの彼は、ワークパンツっぽいザラザラ素材の黒パンツ、白地に細かい黒の花柄シャツ、そこに薄手だけど黒別珍のジャケット!素敵!
DrummerとBassは仲良く細かいドット柄のシャツ。Drの彼が黒で Bassの彼は濃紺だったかな?ギタリストの彼のシャツの柄は…よく判らなかったけどペイズリー?花柄?
Keyboardの彼は…ストライプだったかな?遠くてよく判らんかった笑
そしてコーラスのお二人は、Benとおなじくスエード系スニーカーに黒パンツ、白シャツ、黒ハットでした。
音楽の話をせず、いったい何をリポートしているんだ私はwwwww
(前回のリポートも、出演者のお衣装の話しか書いていないwwwww)

          ***

でライブは(やっとその話w)、4年前の公演のときよりも、全般にルーズで落ち着いた感じでした。 セトリは、2ndからの曲が多かったかな?(そりゃそうか)
前回の公演では、けっこうノリノリで皆スタンディングで盛り上がった雰囲気だったけれど…今回は、盛り上がったけど立ち上がることはなかったですね。2nd公演や、翌 22日の公演ではどうだったのかな?
やはり、ミディアムテンポのナンバーが多かったからかな?
う~ん記憶喪失wwwww

          ***

っということで。
当日~翌日にかけて、自分で呟いたツイッターの呟きをもとに、感想を再現してみたいと思います笑(得意技)

( Ben L'oncle Soul 行ってきたー 前回はとは少し違うムードだったかな。
ご本人もバンドも相変わらずお洒落!
今回は端っこだけど最前テーブルに座れて、お衣装たっぷり観察してしまった!
オフマイクのハミングやバンドメンバーとのお喋りも聞こえてラッキー
posted at 21:01:13

なにしろ席がステージの真ん前過ぎて、オフマイクのお喋りやなんかも丸聴こえ!
Benが後ろ向いてバンドのメンバーに「…What's the next song??」なんて尋ねる声も聞こえてきたり(あ、これは小さな声じゃなかったので、前列の皆さんには聴こえてお笑いタイムでした)
それと、、オフマイクのときの唄声が、本当に素敵なの~♡
マイク通してえ!!

.。oO(べんろんくるそうる、間奏とか唄ってないときは、ステージ上でくるくる踊ってて
きゅんいち様みたいだった
ハットも可愛くてきゅん
posted at 21:09:34

 だって、、なんだか仕草がきゅんいち様にくりそつだったんだもんwww

( Ben l'Oncle Soul
高過ぎず低過ぎずちょうどイイ感じの高さの声。ちょっとハスキー。お酒好きそう。
とにかく音楽が、唄うのがすごく楽しそう。
ルーズだけどセクシー。

昨夜のライブは、いかにもブルーノート
って感じの素敵な空間だったなー
posted at 10:24:42

アップテンポな曲はなかったけど、観客はノリノリでした♪
隣のテーブルに体格の良い外人のオサーンや、別のグループで Benの日本のお友達って人が居たりして、、ライブ中会話しまくってたw
もちろん、他のテーブルもいっぱい見ていましたが、1st Setのおしゃべりはそこのテーブルの人達とが多かった気がします。俺得♡

#ブルーノート3回目なのに偉そうに ←
posted at 10:25:04

 いや、、よく考えて見たら、確かに2012年の Benさんが初 Blue Noteだったけど、
その後、5回以上は行ってたなwww嘘つきわたし(笑)

( 昨日、1stのステージからはけるとき、
あわててプレゼントを差し出して手渡す女性。
受け取りながら軽くハグしつつ彼女の髪にキスするBenさん。
超絶素敵なしぐさで女子大興奮
流石はフランス人やねえ…
posted at 10:32:09

いや~~フランス人のキス素敵♡

          ***

おまけ1:公式お写真とセトリ
Blue Note TOKYO:2016 9.21 wed., 9.22 thu. 「BEN L'ONCLE SOUL & MONOPHONICS:LIVE REPORTS
…わたしが覚え切れてなかった皆さんのお衣装も、バッチリ映ってます(笑)このお写真は、9/21の 2nd Setだと思います。わたしが映ってないから(笑笑)

 

おまけ2:Ben l'Oncle Soul ディスコグラフィー

左から
Ben L'oncle Soul (2010) … 1st Album
A coup de rêves (2014) … 2nd Album
SOUL WASH Special Edition (2016) … 日本のみの企画盤カバー集。当日開場では、この柄のTシャツを販売していました。カタカナで「ベンロンクルソウル」って書いてあって…すごく迷った。…けど買わなかった(爆)

 

おまけ3:本日のドリンク 

f:id:Ichimi10:20160922193622j:plain

お食事のできるライブ会場で「本日のドリンク」メニューがあると、まず絶対にそれを頼んでみるわたくし(笑)
この日のスペシャルカクテルの名前は、Benの楽曲タイトルから Walk the Line。フランスのリキュールを使った大人っぽいモヒートでした。これほんと美味しかった!!
タイミング逃して、フードを何も食べられなかったのがちょっと残念だったなあ!フードも頼んで、もう1杯くらい行きたかったよ★

Benさんも、このカクテル宣伝しながらステージ上で美味しそうに飲んでた~(笑)