社会参加の実際・改

2016年お引っ越し。つれづれだらだら雑なテーマで書きます。ま、ちょっとライブ感想多め。

退院ふつかめ。体腸不良。

毎日…ではないけれど、あまり日数を置かずにブログを書いていると、なんだか自分が優秀になった気がする!(←そんなわけねえよ)

というわけで、、4日に退院しまして、本日が二日目になります。
昨日は病院から歩いて帰ってきたし、コンビニに行ったりして、俺ちょっと頑張った系?みたいに自負していましたが、
今朝は起き抜けからお腹の調子が悪くて、朝版に雑炊(インスタント出汁+ごはん→レンチン)食べて、ちょっと横になったりして。お昼も食欲なかったので抜いてちょっと横になったりして。
傷口が痛むっていうよりは、、お腹の調子がいまいちな感じです。

以前からのもう1つの困った持病である過敏性腸症候群。問題ないことがほとんどなのだけど、ときどき突然ひどい腹痛が起きたり、気分が悪くなったりします。そういうときに処方されてる整腸剤を飲むと症状が軽減されてやがて治るので、ずっと薬を飲むというのでなく、症状のある時だけ薬を飲む感じにしていたのですが、、、

今は手術後なので、前みたいに整腸剤を飲んでいいのかどうか…判断つきません。

もちろん入院する際には主治医の先生に何度も申告して相談したのだけど、はっきりした言葉はもらえず「…一応お腹は動いているようなので」と。
確かに入院中は、ときどき傷ではなく腸の方が原因っぽい腹痛がときどきあったけど、あまりひどくはならなかったので薬をもらう、、という局面には至りませんでした。
でおそらく、、薬をください、と言ってももらえなかったんだと思う。

想像ですけど、、おそらく、産婦人科医は内科のお薬を処方しないんじゃないか、と。

          ***

ここに書いたかどうか忘れたけど、以前、入院したとこと同じ系列の病院の「総合内科」に行って、胃腸の不具合を相談したことがあった。同じ系列だから婦人科の受診状況も併せて診断して欲しかったのです。が、対応してくれた若そうな内科医は
「婦人科は…ちょっとわからないです」と。
おめえ!医学部は綜合的に全部の科を勉強するんじゃねえんかよ!!
つうか…「総合内科」でその言葉は何?
と耳を疑ったわけでして。

本当にね、、症状によっていろんな科に振り分けられてしまう現在の日本の病院の体制、どうかと思いますよ。
そりゃあ病名がある程度確定したら、専門医による治療が安心できますけれど、、
持病の数だけまったく別々の科(わたしの場合は病院も別だ…)にかからなくてはならないこの状況どうよ?

 

おそらく、、生命の危険にかかわる重篤な病状の患者さんなら、総合病院でいろいろなお医者が連絡をとりあって治療方針を考えてくれたりすることもあるんだろうけれど、わたしのように、1つ1つは多分さほど重篤な症状じゃない場合、それぞれの専門のお医者が、ほかの科に関わる影響を考えたりしてくれることは、、皆無なんじゃないかな、と。

「綜合診療科」をかかげている病院ですらこれなので、、本当に。
複数の症状を抱えているものは、いったいどうしたらいいのかって悩みますよね。

 

ぐちぐちモードでした。
明日は元気になりますように!

 

 

まだまだ

入院中です。
けっこう大きく切ったので、傷口がなんかの拍子にパカッと開いて中身がこぼれないかと心配で…。
暇だけどゆるゆると過ごしてます。

もちろんくしゃみをしたり急に動かせば痛いことは痛いですが、実は、痛み止めを飲むほどでもないような気も…。
ネットでいろいろ見ると、何日間も痛みに苦しむ方がおられるようなので
やはり、痛みの感覚どこかおかしいのかもしれませんわたし。

ただ、根が弱虫毛虫で、とつぜん後遺症で痛くなったりしないかと不安過ぎて、痛み止めを確保するためにあえて「痛い」ということにしています。
我ながらセコい…( ̄▽ ̄;)

          ※※※

病院食が美味しいな、と感じます。
味付けは薄いし、なんでも加熱し過ぎな感じで…ご飯だけは多い、というものですが、
限られた素材で食べやすく、油分も押さえながら、、ギリギリの塩分でおかずを作るのは、さすがはプロフェッショナルだよなぁ!と感心。
(以前、旦那さんの腎機能系数値が悪くなったときに、塩分計算して食事を作ってみたのですが、とてつもなく面倒くさかった!)

ま、さすがに味噌汁は…自分で作った方が旨いと思います(笑)
病院食のは、出汁入ってます???ってお味なのでwww
うん知ってます。出汁にも塩分が含まれてますから、いい気になってお出汁を使うと塩分が大変なことになるんすよね( ̄▽ ̄;)

退院したら、また自分でご飯を作る生活に戻る訳なのですが、病院食には参考にできる点が多々あるなあ!と思いながら、楽しんでいます。

わたしはエスニック料理が好きなので、香辛料の刺激的な味わいも大好きです。
でも、塩分の摂りすぎは身体にいいこと何もないので、今まで以上に塩分摂取量に気を付けたいと思うし、気を付ける中でも、たまには自分の好きな味付けをちょっと楽しめるくらいに健康でいたいと思います。
すでに正常値に戻って制限なしの生活をしている旦那さんの例にもあるように、もしお医者にNGって言われたら、いくら好きでも少しも食べられなくなります。そんなのは嫌だ!!
というわけで、できる限り長く「食事制限なし」の健康な身体を保つべく、日々の食事や生活習慣に、一層気配りをせねば!と決意を新たにした次第です(^-^ゞ

長生きをしたいとは思いません。
ただ、できることなら寿命の尽きる直前まで、美味しくご飯の食べられる元気な身体でいたいな!
それが目標です(^-^)/

手術。

ただいま!…って、手術からはまる2日経っておりますが(笑) 当日は…やっぱり痛かったし、やっぱり、自分は麻酔とは相性わるそうでは吐き気がひどくて…「いたいですか?」→「いたいです」→「痛み止め入れます」→吐き気。「いたいですか?」→「いたいです」→「でもさっき痛み止め入れたから…あと二時間がまんしてください」…というやりとりを一晩中…朝までずーっと繰り返してた気がします。看護士さんもほんとご苦労様でした。
たぶん痛み止めを三種類以上試してもらったんだけど、ぜんぶ吐き気が出るので、いやもうわたし的には吐き気があってもとにかく痛み止め入れてもらうしかないんじゃね?と思ってなかなか不安ではありました。
ただ夜間の看護師さんが、わたしが吐くとすごく心配してくれて、たくさん声をかけてくれたのが有り難かったしすまないなぁ、とも思った。
本当いうと、痛みは我慢できても吐き気が我慢できなくて、でも、痛み止めは出る計画だったんだろうし、あまりイレギュラーな対応を求めるのもあれかな??と思って「いたいです」と言ってみたのです。

          ※※※

ま女性は一般にそうらしいけど、例に漏れず自分は、痛みには強いような気がします。
というかね。激痛ってやつを知ってるの。子宮線筋症は…本当に、本当に痛いんです。
もちろん注射を刺されてチクッという痛みは感じるし、鋭い刃物で切っても痛って感じると思う…。
しかし、たとえば今、お腹を切ってからまる2日。
「いたいですか?」って言われても正直(いや全然っす) と言いたいくらい、痛み的なのを感じてない。下腹部鈍痛に慣れてしまってるんだな…

でも、やっぱり本当に平気な訳ではない。
夕べは体温が38度台で血圧がえらく上昇してた。そんな状態でフラフラしながら汗だくで「いたくないです」っていってもオカシイと思うので「いたいです(たぶん)」と言うことにしてる。
難儀なことです…( ̄▽ ̄;)

今日になったら、痛む…気もする?くらいの感覚になってきてるんだけど、「いたいですか?」ときかれたら「はぁ少しいたいです」と言うことにしてる。

長年の生理痛の酷さで、痛みに対する感覚が狂ってきちゃったんですかね。
しかし痛みを感じないのは生命の危機に関することだとおもうのて、これは深刻に捉えるべきかなぁ
と。

寝返りを打ったらさすがにひきつる下腹をおもって、そんなこと考えました…。

そろそろ食事も常食になるかな?
退院まではまだまだ…!

入院しました。

リラックスしてるつもりでも本心ビビってるんでしょうね。血圧高めです。
前回の検査入院では一般病棟でしたが、今回は都合により、ということで産科病棟に入っています。

産科なので、新生児を連れたママさん、これから出産のママさんなど入院されてまして、四六時中どこかから赤ちゃんの泣き声がきこえてきます。
しかし、その時おりかすかに聴こえる声の他は、けっこう静かな病棟です。入院患者さんは…まぁほぼほぼ健康な方が多いためか、普通に静かに過ごしてらっしゃるんですかね。
前回入院した一般病棟は整形外科の患者さんが多かったようですが…すごくうるさくて眠れなかった(;´д`)
隣のベッドは認知ぎみの高齢者らしく、つねに独り言をつぶやいていて…看護士さんも大声で。
とにかくうるさかった…。

大丈夫!今回は耳栓買ってきましたから!

…でも産科病棟しずかなのよね( ̄▽ ̄;)

更新。

f:id:Ichimi10:20170924230756p:plain

とりあえず、初日だけ行って次までに間があくことになる三浦大知さんツアーの、初日感想文をそそくさとアップ。
そして…そのイキオイで。更新をさぼってた期間のライ部感想文、できるだけ遡ってアップしたいなーと思ったんだけど、全部は無理だった。

明日からしばらく入院します。厨房んときの盲腸以来…ン年ぶり2度目となる本格的な手術を受けるようです。
弱虫毛虫なので、すげえすげえビビってます。
どうか無事の帰還を祈ってください。再会!

 

2017.9.20 : DURAN DURAN "PAPER GODS JAPAN TOUR 2017" @日本武道館

f:id:Ichimi10:20170924180634p:plainDURAN DURANに関して言えば、もちろん当時は絶好調に流行った、最高峰のビッグバンドなわけなんだけれども、、
そういえば個人的には、超熱狂的ファン…というわけではなかったかもしれない。
むしろ、友人とかカレシとか、自分の周囲に彼らの熱狂的ファンであった人々の存在があって、むろん大ヒットしていたので自分も聴いていた…というのが実際のところだ。

9年ぶりというこの来日公演、なんで行ってみる気になったのか自分でもよくわからない衝動だったんだけれども、、、なかなか興味深い体験でした。

          ※※※

ロック系のバンドに限らず、年齢を重ねても現役として活動を続ける元・人気ミュージシャンのライブに対して、わたしの見方は、けっこう厳しい方だと思う。

本当に現役なのか。懐メロを生演奏するだけのパフォーマンスなのか。

そりゃあ自分にも、知らない曲ばかりよりも知っている曲を沢山演ってくれた方が盛り上がる気持ちはあるし、昨年みたSCORPIONSなど懐メロで綴る構成ってセトリは楽しかった。ただしスコピはKlausの声がバッチリ出てたし、若いメンバーを加えて、音的になんら問題ない演奏だった…からこそ、懐メロを楽しめたんである。

          ※※※

で、Duran2に話を戻すんだが、Guitarのアンディ以外は全盛期のオリジナルメンバー。現在は50歳台後半というところたが…もっと年長の現役ミュージシャンは星の数ほどおられるので、とくにそういう方面での心配はしていなかったのだが…

最初の数曲を聴いて感じたのは「テンポ…遅っ」というものだった。

原曲もこんな遅かったっけ?わたしの耳がおかしいのかな?…と、首を捻りながら違和感をためていた。

彼らのサウンドは、早すぎず遅すぎず、とにかく抜群に心地の良いダンサブルなビートが最大の魅力と思っていたので、その違和感がしっくり解決できずに、(ロジャーの調子がわるいのかな?)と疑ってみたり。

でも、自分の知らない(ごめんなさい)最近のらしき曲は、bpmに違和感を感じなかったので…余計に???ってなった。


ただ、サイモンの声は…若干クセが抜けたものの、昔と変わらぬ艶も含んだ響きで、やっぱりバンドの肝はVocalistなのかなぁ、と感じたりもしました。

昔(カオが)好きだったジョン・テイラーはは…ハイ、お年を召されましたね、って感じで。他にコメントはありません。


敢えて最初に書かなかったのだけれど、日本武道館公演の本編前には、Nile Rogers率いるCHICというバンドのパフォーマンスが、1時間ほどありまして。

不勉強なわたしは初見だったのですが…このパフォーマンスが、凄く良かったんですね!Duran2のプロデュースで有名なナイルは、メンバーより半回りくらい年長の筈ですが、それこそバキバキに現役で…その他のやや若いメンバーの実力も相当なものでした!

特に、打ち込みのように正確なリズムでありながら、生の音圧ものすごいdrummerのプレイは…迫力で。


本編として登場したDuran2、オープニングと比較にならない大歓声に埋め尽くされる中…なんともいごごちの悪い気持ちでその場に突っ立っているしかなかった…。


懐メロ+新曲の前半

新曲多目の中盤に続き、

後半は往年のヒット曲が次々と演奏され…

さすがのわたしも気持ちが高揚したのは間違いない。


ただ…

武道館の空気を埋め尽くした観客の大歓声と熱狂は、いったい何なんだろう?

と、いまひとつ溶け込めなかった自分はいました。


集まった観客は以外にも男性客が多く(もっと女性ファン多目なのかと予想していた)、外国人(欧米系)も1割弱くらい。

そして…見事に同年代が多目!

こんなに観客の年齢層が固まってるライブは久しぶりかもしれん…と目を剥いたほどに、見事に中年層ばかりの客層でした。


公演終了後、会場を出る観客の会話を漏れ聞いたりしたのですが

「Join Taylor劣化したねぇ」

「うん、劣化したねぇ…」

と、メンバーのヴィジュアルの話しかしてなかったグループ。

「○○○(曲名) の頃っておれさぁ…」

と、曲にかかわる思い出を延々と続けるグループ。


むかし超有名だったバンド

のライブっていうのは…まぁ…

そういうものなのかもしれませんね。

うん。



2017.9.16 : DAICHI MIURA BEST HIT TOUR 2017 @市川文化会館ホール(ネタバレあり)

わあ!3か月もブログ放置してた…( ゚Д゚)
というわけで、なにも更新しないまま2017ねんツアーの初日を迎えてしまいました…。

とりいそぎ、セトリ書きました→セトリ 

          ***

f:id:Ichimi10:20170924175423p:plain

そして、記憶が消えないうちに軽く感想を書いておきます(いや既に消えかかってるけど…)。

三浦大知くんがメディアに露出するようになって、いわゆる典型的に人気がうなぎ上りという状況になって、、当然の結果ではありますが、ライブのチケットが大変取りづらくなりました。
今年のツアーでは、FC枠の先行申し込みで、ついに関東公演すべて落選という体たらく!
関東住みの者が関東の公演に1つも行けないとか…さすがに凹みました。
が!
親切な知り合いがチケットを譲ってくれたので、なんとか初日に参加できることになって、、本当にありがたいことでした^^

          ***

あれ?HITの曲が少ない 

さて。まずはセトリについて。
6月のFCツアーが、『HIT』全曲披露という内容だったので、、今回のツアーでは、それ以外の曲もけっこうあるかなぁ新曲もあるし…とは思っていましたが、
まさか
あれほどまでに『HIT』の曲を演らないとは!
ということに…かなりビックリなセトリでありました(笑) 
まぁその分、新曲はあますとこなく…がっつり入れてくるあたりが三浦さんです。
常に最新が最高!っていう自負のセトリですね。

 

にしてもDMバンドが凄い! 

とかとか冷静に書きましたが、、今回のツアー初日、わたしは半ば発狂していました。なんたって、今回こそフルバンド!
いや (RE)PLAYツアーもね、内容的にすごく充実していたし代々木では竿隊も加わって申し分ないツアーだったんですけれどもね…やっぱりフルバンドですよフルバンド!!

今回はさすがにフルだろうとは読んていて、、夏の a-nation @味スタの布陣をみて。味スタは2年連続もっちーさんがドラムで!それがまた素晴らしくて♡
なんとかしてツアーのサポートにも入ってもらえないかと熱望して熱望して熱望していたので、、今回のDMバンド入り、ほんとうに
発狂するほどうれしかったです!!!
…あとでまた語るかも(笑)

 

やっぱりシッキンに入りたかった三浦さん 

そして演出に関しては、以前の曲はアレンジを変えてくる…という辺りは相変わらず、ただでは済まさない三浦さん。
ただ、、中盤の、BARセットの演出は…ちょっと???ではありました。あとで友人とも確認したのですが、あれは s**tkingzの初演舞台をそっくり引き継いだものらしいじゃないですか。
初めて観た方にとってはスゴイ!内容ですが、、シッキンの舞台を何度も観たファンにとっては、厳しいですが新鮮味に欠ける演出だったかもしれません。
でも、、きっと…どうしても一緒に演りたかったんですよね大知くん(笑)
それがわかったwww

 

大人になりました 

それと、これは初日に参加したほかの友人ともちょっと話したんですが、
三浦さん、大人になったな~、という感想ね。
もっとも…友人とわたしとでは、感想は同じでもニュアンスが違うみたいなので、ぜんぶ詳しく書くのもあれな感じなので、わたしのだけ書いておきますね。

上の段でもふれたシッキンのフィーチャーにも現れてるんだけど、今回の三浦さんは…これまでで一番「控えめ」に見えた。わたしには。
(RE)PLAY TOURでは”足場固め”的な堅実さを感じましたが、今回のツアーは…方向性のコンセプトがちょっとよくわからない…かな。うまい表現がみつからない。
いやこれまでのツアーでも、ダンサーのソロコーナーは結構盛り込まれていることが多かったのですが、今回のツアーほど、個々のダンサーを際立たせる構成はなくて、
けっこうビックリしました。

三浦さん、主役なんだからもっとオレオレでドヤってもらっていいんじゃないの?と思ったけど…思慮深い彼のことです。きっと考えがあってやってることだと…信じてます。
そう感じる根拠は、FEVER TOURのときのような…どことない不安定さが感じられなかったこと。
DMクルーを心から信頼し、委ねる箇所は思い切って委ねる。…そういう余裕みたいのを感じられたんですよね。

言っても三浦さんファンである自分としては…もっと大知くんが全面にぐわっと出てくる、斬新なナニカ、を期待していなかったといえば大嘘になるわけです。

でも、今回のツアーは、、三浦さんがやろう、と思って作って、それをできているんだな…ということがちゃんと伝わってくるので、
大丈夫なんだろうと思っています。ツアー後半に向けて、初日には見えなかったナニカが、次第に明確になってくることを期待!
なんか…けっこう上から感想文ですけれど(笑) 自称中堅ファンとして(笑)(笑)

 

そして今回のわたし的ヒットはもっちー 

そして、、やっぱり言うんですが、今回ツアーわたし的白眉は、素晴らしいドラマーもっちーさんの参戦だ!
初日の市川公演では、三浦さん以外でもいろいろなライブでよく一緒になる知り合いでもあるHさん(わたしよりバンドマンに全然詳しい方!)から、開演直前にもっちーさん参戦の噂をききテンションあがりまくっているところ、、
なんと、入場してみたらほんとに偶然に座席が彼女の隣だったという奇跡で(笑)
他のファンのみなさんとは少々ズレたタイミングで、DMバンドのメンバーの御名前を叫びまくっていたのでしたwww

まずエイネ味スタで体験したもっちーこと望月さんのプレイは、とにかくベースが正確な On Beatでパワフル。がっつり固いのに手数もそれなりで聴きごたえあるリズム。自分の好みの音であるのは置いても、これは絶対ダンサーには踊りやすいビートじゃないかな…って思ってた。
で今回のツアーでの望月さんのプレイのアプローチは、オリジナルトラックの音を、細かい部分までひとつひとつ丁寧に拾っていくというもの。
うおおおおこんな音まで生音で再現!と感動するとともに、もちろん生プレイならではのオリジナルとは異なる手数もありで、、ほんとうにほんとうに聴きごたえのあるビートだったんですよ!!
でこれは、トラックの細かい音まで拾って振りをつける大知くんのダンススタイルにとって、最上のサポートクルーではないかと思うわけです。

うん、、もちろんプレイヤーによって色々スタイルというものはあるんだろうし、プロのミュージシャンであれば、それこそ千差万別のアプローチでアレンジを考えられるとは思うんですよ。素人ながら。
ただ、、やっぱり生演奏には個性がでるし、トラックとは全然違う感動があるんですよね。。。Can you see~ のイントロとか、オリジナルトラックと同じリズムでキックを奏でているだけなのに、なんであんなに感動的なのか!なんであんなに盛り上がるのかって!!!

う~ん、、、なんか全然うまく説明できなくてもどかしすぎるけど、とにかくもっちーのドラムは最高に三浦さんに合う!と思った BEST HIT TOURなのでした。。

 

ついさきほどSNSの方で炸裂したんだけど、
できることなら、、大好きなドラマーさん全員で三浦はんのツアーに同時参加していただいて、聴き比べさせてもらいたいくらいです!!!(←無理www)

          ***

 

f:id:Ichimi10:20170924175622p:plain

いつも、いいことばかり書けないわたしの感想文だけど、
やっぱり好きだから見に行くし、応援してるし、ずっと応援していたい、と思います。

 一身上の都合により入院することになったので、半月ほどライ部活動をお休みしなければならないのですが、
きっちり治してツアーの後半にはまた元気に参加して、より進化した大知くんを見に行きたいと思う!

 

楽しみです^^♪

 

※1枚目のお写真は、今ツアーで初めて登場したラッピングトラック!初演終了後にサインが入ったらしいので、まだ入っていないバージョンです。次に行くときはサイン確認しよう!
※2枚目のお写真は、ガチャ缶バッジ。1個目のカプセルに同じ奴が2個!…FEVER TOURでも同じ目にあったwww 買う予定がなかったのに衝動買いしてしまった黒トートとともに(笑)