読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会参加の実際・改

2016年お引っ越し。つれづれだらだら雑なテーマで書きます。ま、ちょっとライブ感想多め。

2017.1.21 : 「仮面ライダー生誕45周年 × スーパー戦隊シリーズ40作品記念 45×40 感謝祭 Anniversary LIVE & SHOW」 @日本武道館!

記事 三浦大知 ライブ

f:id:Ichimi10:20170123222857j:plain

タイトル長っwww…ということで。
この日は、日本武道館仮面ライダー…ほかなんちゃら記念の感謝祭(略し過ぎ)に行って参りました!

たぶん、、公演発表されて最初の先行くらいに、三浦氏が出るか出ないかも定かでない時期にイキオイで申込んでしまったので、2階スタンド最前列という…そこそこイイ感じのお席で観られました♪ 
東スタンドなのでちょっと角度はあったけれど、そのぶんステージに近くて肉眼でかなり細かい部分まで見えるし、
視線をずらせば客席も俯瞰で見渡せて、観客の盛り上がりも観察できるという。

ま武道館は、もともと本当に見やすいハコなんですが、正面南スタンドに匹敵するいい場所ですよね♪♪

          ***

で、仮面ライダーですよw
う~ん…アニメ系は大人になってもそこそこ見ていた自分でありますが、さすがに特撮系は全然でww すっげえお子さん向けのイベントかもしれず、最強のアウェイは覚悟の参加でした(笑)
ま実際、会場について見たらお子さん連れファミリーの姿は沢山おみかけしたわけですが…思いの外オトナ率高い。やはり…武道館ともなると、お子さんというより、特撮オタ率があがるのかと勝手に感じた次第でした。

さて、お子連れでも特撮オタでもないわたくし、真のアウェイではありますものの…
初期の昭和ライダーくらいは知ってますしねwww

思ったより”特撮ショー”的な香りが薄いと感じたのは、まぁ武道館という会場規模の問題だったかもしれませんwww

          ***

イベント全体は大きく分けて2部構成。
前半は、最新の仮面ライダー”エグゼイド”のキャストチーム、そして、最新の戦隊ヒーロー”ジュウオウジャー”のキャストチームによるトークショー。
そして、後半がライブショー、というものでした。

Day 1であるこの日は「仮面ライダーDay」ということで、前半に①エグゼイドキャストのトークショー ②ジュウオウジャーキャストのトークショー、後半が仮面ライダーソングのライブ。
参加してない Day 2は、おそらく前半に②→①があって、後半が戦隊ヒーロー主題歌ライブだったのかなー、と予想しました(いや、ぐぐればちゃんと判るんだけどね ←努力を惜しむ奴)。

当り前だけど、トークショーでは、普段TVに出てくるキャストのみなさんが目の前の(ってほど近くは無い)ステージにぞろぞろ登場する!
これは…(目の前でなくても)ファンなら興奮するだろうなぁ!!と。

面白かったなーと思ったのは。
こうしたトークショーの舞台にも馴れて、キャスト同士が息の合った絡みをみせてくれたジュウオウジャーチームに比べて、
エグゼイドチームのキャストときたら。誰とは言わないが特にメインの2,3人(←言ってる)、素で緊張してたり、作品キャラから逸脱して天然っぷりをかますという…。
…いや、多分…むしろそういうところが、ママさん特撮ファンとかの萌えポイントなんでしょうなぁ(^-^;)…しらんけど(無責任)

          ***

ステージ上にはあらかじめドラムセットやアンプなど、フルバンドの楽器が入るブースが確保されていたものの、後半のライブ、最初は(たしか)戦隊デイでメインに登場しそうな2,3名のシンガーさんが、音源トラックで唄っていたので、(あ~…一部を除いては音源ベースで唄う感じなのかな?)と諦めていた。

のですが!

その後は、仮面ライダーソングを演奏するために結成されたという(←後でぐぐった)RIDER TIPSがホストバンドとなって、豪華なライダーシンガー達が次々に登場し、歴代の主題歌を唄うと言う…ライダーファンならずともうあああと盛り上がらずにおれない贅沢なステージになっておりました。
話によれば、昭和ライダーもちょこっと。平成ライダーの主題歌は全曲唄われたらしいっす!(←よく判っていなかった俺)

なにしろ全く前提知識が無い自分でしたが、主題歌シンガーの出演が無い歌すべてを唄った RIDER TIPSのリッキーさん、ほんとワンマンみたいで偉いなーと感心したし、
出演された主題歌シンガー:田中昌之、小林太郎松岡充、ISSA、相川七瀬湘南乃風(鎧武乃風)、大黒摩季(敬称略、登場順あまり自信なし)のパフォーマンスは、
みなさんそれぞれに歌うまいし圧巻の迫力だった!
ライダーシンガーってすげえのね!!

で。(当然ながら)基本的に超高速なハードロックサウンドが多い特撮グルーヴに、パワフルが売りの上等なシンガーが続いて、会場内爆発せんばかりに盛り上がっているし…
決してハードロックではないしハイトーンでもない三浦のえきさいで、突然しーーーん…となったりしたらどうしよう?って。
最新ライダー主題歌であり、予想通りトリに唄うことになりそうな三浦氏が、果たしてこの超絶盛り上がってる観客にどう受け止められるのか…って。
ちょっとドキドキ心配しちゃった叔母心…でしたが!!

いやいや
ものすごい歓声いただきましたよ!!ライダーファンの観客様方に!!!
やはり、、みなさん、すべての主題歌マスターしてるから、
おなじみのシンガーが出てきても、来なくてもめいっぱい盛り上がるのに馴れてらっしゃる訳ですが、
それでも「本家シンガー登場」というのはスペシャルな出来事であるらしく、余りこういうイベントに出ていなかった ISSA兄ちゃんの登場も、かなりの超声援で受け入れられたし、相川ねえさん大黒姐さんとかもそう。

ということで。ライダー歌手ニューカマーである我らが三浦大知氏については、いよいよ生で聴ける!という興奮で、すごい勢いで盛り上がってくれたわけです(^ー^)

いや~おばちゃん嬉しいわ!!

そんな三浦大知氏。
初めて参加するイベントとはいえ、さすがに何度も公演している武道館でのステージ。超絶たかまってクライマックスまで盛り上がっているステージの大トリでも、普段通りに静かに登場し、イントロでいきなり2回、いや3回の華麗なターン。
一瞬ですべての観客の目をそちらの次元に引き寄せたシーンでありました。

あとは歌唱のみ。先にMVで公開していたダンスはなかったものの、ステージの端から端まで移動して、合いの手の「Hey!!!」やサビの「エキサイエキサイ」では、興奮している観客をさらに煽る!!

う~ん、一般の方からみたら、こういうライブで観客を煽るシンガーは珍しい存在ではないのでしょうが。
こんなふうに観客を煽って盛り上げる三浦さん、というのは、実はここ2,3年でようやく見られるようになった三浦さんなんですよね。
たとえば5年前の大知くんなら、歌もうまくてダンスもキレッキレだけど、、観客を煽って盛り上げる…ってことが自然にできる人ではなかった。
いろいろな試行錯誤と積み重ねがあって、こういう(仮面ライダー主題歌)話があって、という流れで、、別のクラスタのみなさんにも喜んでもらえるパフォーマンスのできる三浦さんに成長しているわけですよ。

三浦クラスタから参戦している者としては、なんだか嬉しくてジーンとしてしまった…特撮イベントでの三浦ライブでありました!!

 

さて明日は代々木! 三浦大知 2016ツアー追加公演だ!
また聴けるぞ えきさいえきさい♪

          *** 

 

おまけ1:公式サイト
仮面ライダー生誕45周年 × スーパー戦隊シリーズ40作品記念 45×40 感謝祭 Anniversary LIVE & SHOW」→公式サイト 

 

おまけ2: サンスポさんニュース記事:
→「三浦大知、初の代々木第1体育館公演は「歴史に残るような内容に」」(2017.1.21)→ 記事 
→「【ヒューマン】"和製マイケル"三浦大知「日本語の楽曲を世界に広めたい」」(2017.1.21)→ 記事 ※お写真満載