読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会参加の実際・改

2016年お引っ越し。つれづれだらだら雑なテーマで書きます。ま、ちょっとライブ感想多め。

2016.11.25: Gakushi Live in Osaka @堺筋本町Guittone

音楽

f:id:Ichimi10:20161125061555j:plain

行っちゃったよね大阪!
このライブ見るだけのために!!

Gakushi Live in Osaka堺筋本町グイットーネ
Gakushi(K)/ megu(Vo)/ 斎藤アリア(K)/ KB(Vo, G)/ 森多聞(B)/ 白根佳尚(Dr)
Open 18:30 Start 19:30

もともと土日で福岡行く計画を立てていたから、どうするかすごく悩んで。土曜福岡をキャンセルしてこちらに行くことにしたのでした。
有休も残り少ないし、珍しくお仕事の立て込んでいる時期なので、なかなか厳しい遠征計画でしたが、、弾丸でも行って本当に良かった!

          ***

ライヴの予定自体は、9月に行ったゴスペルライブの際に Gakushiさんご本人から伺っていたのだけど、この日は、大阪済みの Gakushiファンの友人(というか、もともとは三浦大知くん繋がりの知り合い)がまとめて予約をしてくださって。
ちょうど昨年、Gakushiさんが東京・渋谷でリーダーズLiveをやられた際に関西からかけつけたみなさん=Gakushi's関西支部のみなさんと一緒のお席で、大盛り上がりでライヴを楽しむ事ができた!予約からおまとめまで仕切ってくれたPさん、本当にありがとう!! 

f:id:Ichimi10:20161126142052j:plain

 会場となったお店のグイットーネさんは、基本テーブル席。お客さんぎっしりで…最後の方はカウンターもいっぱいで、完全に立見の人も居た感じかな?(店内が細長い構造で、後ろの方はよく見えなかった)

地元のPさんが早めに行って席を確保しておいてくれて、最前の、近過ぎるテーブルに7名で陣取ってこのスーパーライブを観覧できた♪

          ***

ほとんど細かい記憶残ってないけど(←おい)、LIVEは休憩をはさんだ2部構成で、それぞれ数曲くらいずつ…だったかな。もちろんセトリは覚えていません(きっぱり)。
1st, 2ndとも、KBさんが Voを取る Funkナンバー1,2曲とクレジットされている地元シンガー meguさんの唄う曲が3曲ほど。あとはインストナンバーだった。
インストナンバーでは、Gakushiさんのオリジナル曲や Gorge Dukeカバーなどのレパートリー曲も。ただ…全部いいので知ってる曲も知らない曲も関係なし笑。

いやでも…だれかセトリ教えて!wwww
(ちなみに、アンコールの3曲だけは覚えてます笑 シンガーmeguさんの綺麗なオリジナルバラード(曲名は忘れてる)、Superstition ft.Katsu(Gakushiアレンジ ver.)、ラストはソロ・ピアノで例の曲でした。

とにかく…とにかく Gakushiさん単独の演奏でさえ素晴らしいのに、白根さん+多聞さんのリズム隊ときたら!あり得ないほどヤバいんす!!

Gakushiさんの楽器は  Montage7と Talkbox用の小さなシンセ(機種名不明)。Montage1台でほとんどの音出せるだろうけれど、この日のライヴでは、ピアノとブリブリキラキラのブラス(あの音は、ほんとに Gakushiさん!って感じよね♪)あとファンキーなベース音。ほぼその3つの音色で、全曲を演奏されてた気がする。
Gakushiさんのライヴは、そのときどきによって、音色の多彩さで魅せてくれたり、逆に今回のように、シンプルに絞り込んだ音色で純粋にプレイの多彩さとグルーヴで魅せてくれる…といった、バリエーションの豊富さも素敵なんだよね。

Bassの多聞さんは、体調を崩されてて先週の Stone Freeでも代打(弟子)の方が出られていたから少し気がかりではありましたが…元気にバキバキ演奏されていた。普段は茶目っ気たっぷりに緩いところも見せてくれる多聞さんだけど、この日は、病み上がりのパワー全開とでもいうべきか、終始バッキバキの Funkで、逆に、いつものエロ度は薄かったかなwww

白根さんは、こういうセットではある感じなんだけど…序盤はわりと Cool目なスタート。 でも、とにかくリーダーの Gakushiさんが、めっちゃ白根さんを煽るもんだから、まもなくヒートアップ、1stで汗びっしょりになるほど激しいプレイをされていた。

Gと Vo.のKBさん。今回は、Gakushi+強烈リズム隊 が前面に出る構成だったので、敢えて控えめなサポートに徹しておられたんだろうけど、ヴォーカル渋いしプレイも熱い!リーダーのGakushiさんをたてて、MCも控えめだったのが、また渋い!

鍵盤ギャル・アリアちゃんは相変わらずギャルい(←)かった。露出度まんまんなお衣装で、オトコマエなソロ。ラストスパートの曲(たしか、Superstationだたかな?)のソロまわしのときは、師匠 Gakushiさんが、まだお名前紹介してないのにソロを始めてしまったり。…たぶん長さを間違えて途中で終了してしまったり(←これ、わたしも経験あるwww)。でもブリブリなシンセ音でオトコマエなソロを披露してくれて、本当に可愛かった!(そして、ライブ終了後、ちょっとだけお話できてうれしかったな♪ いつも、こちらは会釈してるけど気付いてもらえなかったから笑)

Vo.でカバー曲やオリジナル曲を唄ってくれた地元シンガーの meguさんは、歌声は綺麗なメゾだけどMCは低音で、、ご自身でいうには「MCが苦手」と。それをきいてた彼女のファンらしき人々もくすくす笑ってたので、本当に苦手なんだろう。シンガーさんでは珍しいですね笑
そして、、Gakushiさんも MCは苦手目w 「…MCが苦手なGakushiさんとMCが苦手なわたし、苦手+苦手で得意!…ってことになれば」等…割とわけわからない系(笑)のトークだったけど…スタイル良くて綺麗な方で、、なんか良かったっす♪

それと、シークレットゲストとして、9月に行った池袋のゴスペル・ライブで唄われてた カツ・四十万さんが本編1曲とアンコール1曲を唄われてた!(アンコールは計3曲ありました!!)

          ***

素敵な演奏のライヴはひとりで行っても盛り上がるけど、この日の仲間(Gakushi's関西支部メンバー)達は、みな音楽が大好きな人々なので、、演奏が佳境にはいると、みなさんわれ知らず叫んだり踊ったりしてしまう大変な盛り上がりっぷりで、一緒に騒げて本当に楽しかった!!

最近は、翌朝に備えてライヴ後も長いせず早々に失礼することの多かった自分だったけど、久しぶりに、いちばん最後の辺りまで店内に残って、結果、出演者のみなさんとも少しずつお話させていただくことができた♪
(もっとも…自分ひとりで行ってたら、やはりチキンでお話はできなかっただろうけれども、この日は Gakushi’s筆頭のMさんがいらしたので、社交的な彼女のおかげで、みなさんとお話できたんだと思う。大感謝!!)

まぁ…以前にもブログに書いたように、わたしは、ミュージシャンの演奏を聴くのが目的なので、すごく大好きなミュージシャンに会えたとしても、お話したり握手したりとかは絶対必要なこととは思っていない。
この日も、みなさんとお話したい、という強い気持ちがあったわけでは必ずしもなかっただけれども、、うん…そこは流れで。まぁ(笑)。

本日のメイン、Gakushiさんは、いつもあちらから声をかけてくださる気遣いの人で。とはいえ最近では、おそらく熱心なファンのMさんと一緒にいるからこそ、あんな話やこんな話をしてくださるんだと思う。
来年いっぱいのスケジュールは既に埋まっているそうです(°◇°;) 恐るべき人気!!
あの凄い演奏と、ほんわかキャラ。そして気遣いこまやかな優しい笑顔で人柄でも信頼されて、オファーが引きも切らないんだろうなぁ、と。

病み上がりの多聞さんには、先週Yさんと心配されてた話などをさせていただいた。Yさんのおかげで、こちらから話しかけるきっかけを掴めましたありがとうYさん♪
まだ本調子には戻られてないみたいで、終演後はすこしお疲れのようだったけど、ほぼお初に彼の演奏を聴いてとろ~~んととろけた Gakushi's関西支部の美女たちに囲まれ、まんざらでもなさげに見えて、にやにやしてしまった笑

シークレットシンガーのカツさん、そういや池袋のときも言ってらしたけど元々関西出身の方で、ノリがよくて話しやすい方だった。池袋でみた話をしたらとても喜んでくれた!
そして、、その後、帰り際にMさんPさんが白根さんとお話しているのを背後からこそこそ聴いてたら、カツさんも寄ってきて、けっきょく自分もお話に加わることができた(笑)

 

めっちゃ長くなってるけど、まだ続けていっすか?(笑)
てか続けます(笑笑)

 

白根さんは…やっぱり、あまり話すのが得意ではない方なんだと思われます。言いたいことが沢山あっても、うまく言葉にできない。言葉が出てこない…そんなご自分をもどかしく感じていて、ますます話すのが苦手、ってなってる感じかな。
以前渋谷のライブで、長年彼のファンだという人にきいた「照れ屋」っていうのとも、少し違うなって感じたけど…つまり、そういうことなんじゃないか、と。

この日は、先に話したシンガーのカツさんが傍によっていらして。社交的なMさんがうまく突っ込んでくれたのと、カツさんが処々でフォローを入れてくださったので、、いつもより雄弁に、いろんなことを話してくれた感じ(^▽^*)。
わたしも、話したがらない人に突っ込むのは苦手なので、おふたりが一緒にいてくれて、結果楽しくお話できて良かったなぁ!という感じっす。

細かいニュアンスは余りおぼえてないんだけど(安定)、Mさんやわたしが、そもそもは三浦大知くんのファンから入ったけど、サポートミュージシャンに注目するようになって…今ではむしろサポートミュージシャン目当てにライヴに行くことすら多い!って話から。

ミュージシャン目当てでライヴをみるので、「しばしば真ん中の人をみてないことがある」って話をしたら、
”真ん中の人”って!wwwww」ってとこで大受け(笑)…わたしらにとっては最早普通の概念だったけど、やはり、本人にとっても面白かったらしいっすwww
(いや実際、三浦さんのライブで三浦さんみてなかったとか、クレさんワンマンでクレさんどいて!と思ったとか…自分にとって普通すぎてww)
そんなふうに、サポートミュージシャンの演奏に着目して聴いてくれる人がいることはとても嬉しい、って何度も言ってくれた。

ただ、サポートミュージシャンをやるにあたっては、やはり「看板の人」が誰であるかはとても大事なことだそうです。やっぱり、アーティストとして尊敬できる(っていう言葉だったかは忘れたけどそういうニュアンス)人としか一緒にやりたくない、と。
うん、しらねさんは、絶対にそうだと思ってた!!! ←考えてた通りの言葉に納得して、わたしほんとに首がもげそうに頷いてた。

あと…なぜその話になったかきっかけ不明だけど。いや明確なきっかけはなく唐突に、だったかも。
白根さんが、「自分には…たとえばBちゃんみたいな、華やかな演奏はできないから」って話をし始めて。
(一所懸命考えて、言葉を選びながら訥々と話してくれたことだったので…ニュアンスしか再現できないけど、)白根さん、自分の演奏には ”華が無い” という想いがあって、いつも最前列でライヴを観てくれる人たちがいるけど…(おそらく、白根さんのことを「好き」と言ってくれても、それを信じる自信がない?から、)…ちゃんと音を聴いて、好きと言ってくれる人がいて嬉しい。
というようなことを…語ってくれた(^ー^)。

あんなに凄いプレイをする人が、そんな控えめな理由でファンの言葉を捉えていたとは!びっくり!!
いやいや、白根さんすごいって思ってる人は、ほんとに白根さんの演奏に感動してるんだってば!!!絶対保証する!!!!
と大声で強く主張したかってけど…できなかった(チキンいちみ)
だって…プロのミュージシャン仲間に、あれほど信頼されきってる白根さんなんだよ!!!!

それと、先月もまたしても行けなかった Magic Numberの話とか。
先月はなんか「ラスト!」って冠がついていて、もうMagic Numberやらないのかな…?と心配していたら、そうでなくて。11月~12月は竹内さんが忙しくてどうしても開催できないから、年内ラスト!て意味だったんだってwwww安心した!(そういや月1で休みなしに開催してたもんねぇ♪ また1月には開催するそうです♪
そんで、、わたしが余りにも Magic Number行けないもんだから、一緒にドラム担当されてる Tigerさんの演奏聴きながら、白根さんとのツインドラムの演奏を想像してる…って話をしたら、すかさずカツさんから「想像ってwww…すんごく嬉しそうに話すねぇ」と突っ込みを入れられた(笑)うお~キモイのがバレたwww(もう手遅れだけどな)

Tigerさんはガツガツくる演奏だったから、白根さんとおふたりならさぞや!と話したところに当の白根さんから、「(Magic Numberの演奏は)ふたりが交互にかけあったり、休んでる時はもうひとりが演奏、というよくあるスタイルじゃなくて、、ふたりで同じことを一緒にず~っと続ける感じ。そう、エンジンが2台でず~っと行くような!」って説明が。
すかさず車のエンジンとかを想像したけど、こっちもうまく言葉が見つからずうまい返しができなくてごめんなさい…!

絶対にいいから絶対にきて!って言われたので
…他スケジュールとかぶらない限り、来年こそ必ず行きます!

 

普段はお話しなくていいや~と思ってる自分だけど、演奏に関する話を伺えるのは…やっぱりいいなぁ!
次回のライブの話とかは尋ねそこねたけど、貴重なお話を沢山きけたから、超満足っす!!

 

さいご…会話を盛り上げてくれたカツさんが「せっかくだから写真でも撮ってもらえば~」と誘ってくれて、なんど本人まで「せっかくだから」とか言いだすので、なんと2ショット写真を撮ってもらいました!2枚!!
が。自分のカオがきもいので、絶対どこにも晒しません(爆)

そしていよいよ撤収という去り際には、白根さんの方から握手していただいた。そういや…わたし初めて握手してもらったかも! www筋肉質のごっつりした腕の先の手のひらは、男性的だったけど大きくはない。あんなパワフルな音を産み出すその手に触れちゃったとか…思い出すと後から緊張する!!!(←遅いw)

          ***

おまけ:

f:id:Ichimi10:20161126142107j:plain

f:id:Ichimi10:20161126142119j:plain

まだ続くんかいこの記事(笑)
このライブは撮影禁止ではないということでしたが、スーパーライブに夢中過ぎてお写真とる時間が勿体なくて、まともに撮れたのはこのくらいしかありません(笑)
1枚目:Gaskushiさんエモ・グルーヴィンなソロ中。Gakushiさんガン見えな場所だったけど、お写真みてみたら、Talkboxのホースに邪魔されてほとんどまともに映っていなかった(笑)
2枚目:強烈リズム隊のいちゃこら演奏風景。お写真にはとれませんでしたが、おふたりが顔を見合わせて…というか突き合わせて演奏されてるシーンが何度もありました。Stone Free Liveのような Session感だった!

          ***

なんでこんなに白根さんのドラムが好きなんだろう?って。
ご本人からの話をうかがって、改めて考えて見たんだけど、、やっぱり言葉にはならないな。音楽なんだもんな。

でもやっぱり…白根さん言うところの”華やかな”ドラマー、とかではなく、、やはりわたしには、白根さんの音がいちばんに思えるんだな。
Tigerさんとか、話しはしなかったけどもっちーさんとか、小笠原さんとか。がっつり来る系の音を出す方の演奏が好きで。
その中でもやはり、白根さんの音がいちばん好きなんだな。

 

まぁ、、昨日も、お話させてもらったというより、お話をきいてた、という感がつよかったけど、じぶんが心から彼を応援してるファンだ、ってことだけは本当に伝わったようで、嬉しかった。

これからも、大きな看板をあげるアーティストのサポートライヴでも、小さめな箱で思いっきりプレイするライヴでも、機会がある限り、
彼の音を聴かせて貰いたい、と思っています^^

 

あ… Gakushiさんライブなのに、けっきょく白根さん礼賛に終始しちゃったよね。
すんません Gakushiさんもちゃんと大好きです♡

デレデレ(笑)