読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会参加の実際・改

2016年お引っ越し。つれづれだらだら雑なテーマで書きます。ま、ちょっとライブ感想多め。

2016.9.09: 清水翔太LIVE TOUR 2016 “PROUD”追加公演 @日本武道館

ライブ

f:id:Ichimi10:20160910124950j:plain

今年、三浦大ちゃんの『Cry&Fight』と同日にリリースされたAlbum『PROUD』が凄く良くて、これはライブ行かねば!と足を運んだ日本武道館
もともと R&B系オムニバス的なライブでは何度かみたことのある清水翔太氏。いつかはワンマン公演をみたいとは思っていたのです。
いや、、追加の武道館まで待たずに本ツアーで行けばよかったじゃん…て話もありますが、そこはそれ(汗)
というか実際は本ツアー始まるのに気付かなくて初演を逃してくやしーってなっていたところに、ちょうど武道館の先行の案内がきていて飛び付いた…という次第でした笑

割と早いタイミングで取っていたおかげでか、お席はこれまた(2階ですが)南スタンド。上から数えた方が早いとはいえ、ステージをど正面から見下ろすそりゃあ眺めの良いお席でありました♪

          ***

 わたくしの知り合いでは、前日に行ってる方が多くて(ネタバレでない程度の)感想をちらちら拝見していたのだけれど、とにかくこのライブは MANABOONさんが格好イイ!というのは知ってたから安心して本番にのぞめたわけですが。

その見晴らしの良い2階スタンドど真ん中席からみたステージは、ライティングが最高に綺麗だった!!というのがいちばんのインパクト(そこかよ笑)。

ま流石に天井席からの眺めなので、ときどき光が溢れ過ぎて舞台真っ白でぜんぜん見えんやん笑っ…という瞬間もしばしばありましたが、照明が本当に綺麗に見えるお席でした。

 

音響的なことを言うと、前回より更に不利なエリアなのでもとより音質には過度な期待は持っていなかったけれど、、バンドとコーラスの演奏は、実に素晴らしかった!!
じゃっかん前のめりなドラムスも良かった♪MANABOONさんは、噂通りの大活躍で、弾き語りのバラードなど最高にエモかった!!

あとDaisukeさんを擁するコーラス隊の力強い響きも最高!

ほんとに聞き応えのあるバックバンドだったなあ!!

 

ここから、シミショーさん本人の話をするけど…あまり聞こえのよくない言葉を書きそうなので、ファンの方は以下を読まない方がいいかも…。

 

 

うん。これは多分、武道館のわたしのお席が遠すぎて音響バランス悪かったのと、多分シミショーさんのモニターになにか不具合あったのだと信じたいけれど…

シミショーさん、音程もリズムも、バックバンドの演奏とときどき微妙にズレていて、、しんどかった(涙)
他のライブで生唄なんども聴いたことあるし、そんなわけない、ってココロノナカで必死に矯正しようとしたんだけど…
とくに AutoTuneの曲のピッチとリズムのズレが酷くて、いやシミショーさんがズレてるんではなく、わたしの体調が悪くて耳がどうにかしてしまったんだ…と一所懸命思い込んで彼の唄をきこうとするんだけど、、ぜんぜん集中できなくて。唄おわるとホッとする自分がいました(泣)

なんだろう? 距離や位置の問題で、音の伝わる波長か何かがおかしかったのかな?
オートチューンでないところは幾分ましだったんだけど…しくしく(涙)

こんなの絶対違う!
って信じたいので、またいつかリベンジしたいです(泣泣)

 

もとい。
とにかくシミショーさんの、今回のアルバムの楽曲はとても良かった!それらのカッコいい楽曲が、豪華なバンドとコーラスで更にグレードアップして再現されていたライブだと感じた。
MCでは、このアルバムにかけた彼の熱い想いをきくことができたのが…更に良かった。

彼のこれまでの楽曲は、正直、有名な何曲かしか知らないのだけれど、このたびのアルバムでは
「こんなアルバムは絶対出せないよ」と思うほど攻めた、ということでした。
つまり…それまで出してきた楽曲では、(もちろん全くやれなかったわけではないが、)彼のやりたい事を全て出しきった、というよりは、どうしたら売れるのか、皆が何を聴きたいのか、お世話になっている周囲の人々がなにを求めてくれているのか。そういう様々なことに答える意識がとても強かった、と。だから、自身のやりたいことを全て出した今回のアルバムを出すのがとても怖かった、ということ。

いちリスナーとして、純粋に(かっこいいなー)と気に入って聴いていた彼のアルバムに、それほどの想いが込められているって、初めて知りましたね。ムネアツ!

 

耳の調子がわるかったのか、個人的に、主役であるシミショー本人の唄声に違和感をおぼえたのは残念でしたが、 全体的には満足のゆくライブだったと思いました。。

          ***

あとちょっと…。
ささいなことですが、ライブ中、隣の席の女の子たちのマナーが余りよろしくなかった。
これについては、別の記事で書こう。

          ***

この日の武道館は、北西・北東スタンドの一部の観切れ席まであけていて、通常レイアウトの武道館ライブとしてはなかなかの盛況でした。
後にきいた話ですと2daysの初日は空席も目立ったということだったけれど、2日目はそこそこ埋まっていたと思う。さすがだな清水翔太氏。

ワンマン公演でアルバム以外の彼の曲をみて。やはり彼のつくる楽曲は、歌詞がいいんだろうなぁ!…と想像した。女の子にたいしてどこまでも Sweetな歌詞。武道館初日から披露されたという新曲は「いつもとは違い、男子の気持ちをうたった」と紹介された曲だったけれど、、やはり後半は Sweetで。男子のありのままの言葉というよりは、(女子が聞きたいだろう男子からの言葉)みたいに聴こえた。
そういうどこまでも女の子よりな歌詞が、大勢のファンを魅了してやまない彼の魅力なんだろうな~って思う。
あと、ちらほら見かける男子のファンも、女の子に対してあくまでも Sweetに語りかけるシミショーの世界観に共感し憧れる、ロマンティックな気持ちの人達なんだろうなぁ…って想像。やはりね、女の子への愛を堂々と唄いあげる姿はかっこいー!って考え方は…男子の正しい姿のひとつであると思います。

(ちなみに、わたし本人としては、個人的に思い入れしづらい歌詞の世界観ですが、それは置いておきます。)