読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会参加の実際・改

2016年お引っ越し。つれづれだらだら雑なテーマで書きます。ま、ちょっとライブ感想多め。

2016.9.08: KREVA in Billboard Live "クレバの日" @Billboard Live Tokyo

f:id:Ichimi10:20160910124650j:plain

そしてクレバの日 Billboard Live Tokyo。
なんと!KFC会員限定というレアなこのライブに…第一希望のDXカウンター席で当てていただきました♪
お仕事をしてる方だと、お勤め先の場所によっては少し厳しそうな 1st Setですが、16時台にあがれるわたしにはとても都合良い!…といいつつ、案外時間に余裕が無くて、せっかくだから中でフードを食べることにした(billboardは何度も来てるけど、いつもカジュアル席ばっかで、フード食べられるお席は2度目だった笑)。
DXカウンター初めて座ったけど、思ったよりステージに近くて! そして、当ったお席が通常のドラム側と逆サイド…と少しだけガッカリしたけど、思いの他中央に寄って置かれていたドラムセット。

f:id:Ichimi10:20160912223450j:plain

つまり…お席からのステージはこんな眺めでした!
ステージ中央のKREさんの方角をみると、ちょうど白根さんのトイメンになるという!!
正面からず~~っと向き合ってそりゃもうやばかったです(←キモイ)。あとねぇ、ベードラのドラムヘッド(あっち側ね)が透明で、キックペダルを操る白根さんの右足がほぼまるみえなんですよね!ま勿論楽器のあちら側に座って演奏されているわけだから見えない部分の方が多いわけなんですけれども…正面から見てるのに足元が見えるってほんとレア!!!めっちゃ上がりました↑↑↑↑

 

でね。
ま、かなり近くの距離で見られたっていうのもあるんですが、、この日は。
KREVAさんというアーティストの凄味を、再認識しまくったLIVEでもありました!
(いや多分、わたしが気付いていなかっただけかもしれないんですけれど…)

なんでも白根さん経由で書くのは悪い癖かもしれないけど、まぁそこんとこは容赦していただいてですね(強引)、
え~クレサンの日で、久しぶりの白根さんの演奏を堪能し夢中になっていた筈のわたくしでしたが、、この日はなんたって billboard live。ま勿論PAは通ってきているんですが、音のクリアさが武道館などの比ではない!
まセトリも武道館とはかなり異なっていたわけですけれども…とにかく音が素晴らしいんだよね billboard!!!

音が良いといえば、昨年の UTMツアー後半のホールライブも割といい感じの場所で見られた公演が多かったので、すっかり音の良さに魅了されまくっていたのですが、、
そのときの興奮が蘇ると言うか、いやそのときより更に全然音の良い空間で、クレバンドのハイクオリティな演奏を堪能できるなんて!!なんて贅沢!!!

KREさんが、ライブ中に1回だけバンドの自慢をするコーナーがあって。ちょっと細かいニュアンスは忘れてしまったのですが、
えーつまり、「一般的なアーティストであれば、billboardともなれば、通常のライブとは異なるたとえば Acousticなアレンジなどでスペシャルな編成でくることが多いけれども、(クレバンドのミュージシャンは)そのままのセットで演ってもここにふさわしい演奏ができる、物凄くうまいミュージシャンたちなのだ…」とかなんとか。
わかりづらくて済みません(^o^;)

でも実際にそう。このバンドの音は本当に凄い。
ロッキンなど巨大な野外フェスから、武道館やアリーナから、音楽ホールから、billboardまで。白根さんに至っては、キャパ300ほどの箱ライブまで!
ものすごい振り幅なのに、なんの問題もなく箱の大きさにふさわしい演奏ができるのが…すごいなーーーって思ったですよ。

そして、、billboardにふさわしい高品質な演奏に沿って、これまた、なんのてらいもなく自然にパフォーマンスするKREVAさん。
こんな凄いバンドメンバーを選んで、彼らを引っ張る座長として箱にふさわしい最高のパフォーマンスをみせてくれるクレさんこそが本当に凄い人なんだなぁ!ってつくづく。

           ***

これまで何度もいってるけど、わたしは Hip-Hopといわれてるジャンルが割と苦手で。
苦手の理由は、、なんというかいわゆるHip-Hopと言われてるラップ系の楽曲には…余り音楽を感じないからなんです。
しかし KREVAさんだけは例外で、ツアーがあれば足を運びたいし行けばかならず楽しいアーティストだった。
なぜKREさんだけが例外だったのか…この日 billboardに行って、少し分かった気がした。

いや、元から薄々わかってはいたけれど、、KREVAという人は、演っている音楽はラップだし Hip-Hopだけれども、とにかく音楽性の高い人なんだ。
自身はラップをしていても、メロディやリズムが聴こえている。彼の頭の中にはリリックやフローだけではなく、いつも溢れる音楽がある。
だからこそ、他のアーティストともコラボの相性がよいし、素晴らしいミュージシャンの演奏をしたがえてパフォーマンスすることが出来るんじゃないかな、と。

 

ともあれ、、これ何度書いてもぜんぜん気持ちがおさまらないんだけど、
白根さんの正面席(おれ的にね、笑)で堪能する KREVAさんは最高の最高だった!!!
I Wanna Know Youのリムショットと ma cherieのキックが大好物だーーー(おお泣き)

          ***

おまけ1:この日に食べたフード

f:id:Ichimi10:20160912222623j:plain

なにしろフード食べられるお席なんだから(笑)やっぱりなにか食べなくちゃ!
と思って頼んだフィッシュ&チップス。…実は、食べるぜ!と思った割にはそんなお腹が空いてなくて。しかもメニューに載ってるフードメニューは皆、2人くらいでとりわけられそうな雰囲気だったので、スタッフさんに伺ってみたところ。「これならスモールサイズありますよ」という嬉しいお言葉だったのでした。きいてみるもんだなぁ!

          ***

おまけ2:ニュースサイトのリポート記事

BARKS JAPAN MUSIC NETWORK:
【ライブレポート】極上空間でKREVAが生みだす“大人のHip Hopナイト”夢のビルボードライブ公演」(2016.9.10)